<< It prays for *Andy Irons... | main | Il Birraio 1st anniversary party! >>

NO LIMIT

数日前に買った本。

「一歩を越える勇気」
「NO LIMIT」  . . .  by  栗木史多


7大陸を
単独登攀で
無酸素で。  で、話題の栗木くん。

山が好きで、親しみやすく、どこにでもいそうな若者の彼が
億単位の資金集めや、8000M級の山の上からインターネット生中継にも挑む。

彼の映像を見ていると、ひとつひとつのコトバに心を惹かれ、
それらが、本当に心の底から出て来たコトバだって実感する。

それはきっと「生きて帰る」っていう大前提があるから。。。


2006年に買っていた雑誌の山野井泰史「垂直の記憶」。

彼はまたとてつもなくストイックなソロクライマー。
同じく8000メートル級の山を無酸素のアルパインスタイルで単独登頂するけど
隊を組んでアタック直前まで行く栗木くんとは違うソロ。
家を出てから帰って来るまで、全くのソロ。

途中で偶然出合った違うパーティにお茶を呼ばれても、
他の人が入れてくれたお茶を飲んだら完全なソロにならないか...と考えるくらいに
ソロにこだわるクライマーらしい。


けど、どちらも「生きてこそ」の極限の世界を知ってる人。

そんな人の言葉だから興味がわいて、力がわいてくるんだろうなぁ〜

0

    at 22:02, Nao-Webmaster, Book

    comments(2), -, - -

    人気ブログランキングへ
    comment
    Nao-Webmaster, 2010/11/07 1:17 PM

    おちゃさん!

    そう、強いですね。カッコイイです。
    しかし、
    お茶ひとつで会話に花咲くってのも良いものです♪
    雪山にいたら、そんな人の繋がりが恋しくなりそうですけどね。。。

    新橋。結構好きです。
    以前勤めていた会社がそこにあり、楽しかったです。
    一昨日の夜も実は新橋におり、
    SL広場前の家電量販店で新兵器を手に入れて帰って来ました〜♪

    おちゃ, 2010/11/07 11:08 AM

    >途中で偶然出合った違うパーティ
    >にお茶を呼ばれても、他の人が
    >入れてくれたお茶を飲んだら
    >完全なソロにならないか...と
    >考えるくらいに

    強い男だ。
    私なら、「どんなお茶飲んでますか?」なんて
    聞いちゃって、「このお茶いいね」
    なんて世間話してから登山再開かも。

    かっこいいですね。
    自分をしっかり追い込めるのでしょうね。

    おっ! 山と渓谷。
    昔よく買った。登山もしないのに。
    新橋の南端に会社がありますね。